飲食店は外国産(中国産)割り箸ではなく、国産割り箸を使いなさい|吉野割り箸でおもてなし

  公開日:2014/08/08
最終更新日:2016/07/19


※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

家族や自分の身を守るためにも、中国産の食品は極力食べないようにしています。というか食べてはダメでしょ。


かの国の国民性をご存じの方であれば、「一度売ったものに文句を付けられても買った方が悪い(返金などの文化がない)」という点と「お金(自分や家族の生活)のためであれば、他人の健康など関係無い」という事をご存じだと思います。


中国産の食材(口に入れたり、箸やスプーン、食器、調理器具など体内に摂取するものすべて)を食べることの危険性は以前から言われてきましたが、毒ギューザ事件やマクドナルドやファミリーマートのチキンナゲット事件などがあっても、だいたい数年もすると、すぐに日本人は忘れます。


そして、また同じ事が繰り返される。気づいた方がいい。


NOT MADE IN Chinaが、身を守る術だと

not-made-in-china

しかし、外食は私たちでは対策できない

飲食店のオーナーのモラル次第だが、殆どの飲食店は産地を明確に表示していません。


国産の野菜しか使っていないなら、こちらのお店のようにしっかりと産地を明記してアピールをすれば良いのだが、そういう事をできないお店が多い。


なぜなら、飲食店にとっては私たちは金を払うお客さんという対象だけでしかなく、私たちの健康を考える義理も責任もない。


チェーン店において、国産の食材などを使わなかったり、居酒屋においても産地などを気にせず、安く仕入れられることだけから、中国産の食材を使うお店は本当に多く、チェーン店に至っては、ほとんどは国産食材(野菜・肉)を使わない。

中国産食材を使用している外食チェーンまとめ

すき家、中国産食材の有無に初めて答える 「玉ねぎは中国産を使用しています」

国産であれば、産地を大きくアピールするのがチェーン店。しかし、産地を書いているところがどれだけあるか。

私たちに産地を言えないということは、言えない理由があり、そういうところから仕入れているということだ


しかし、徐々に民衆が気づいてきて、飲食店においても産地を気にするようになったのは本当に良い事であり、お客さんの健康を考えないお店が淘汰されることは、一人の客として、そして経営者としてむしろ歓迎する。
※モラールのない経営者や企業は消えて良い

SPONSORED LINK


ところが、まだ中国産が多いのが「割り箸」

実は90%以上の飲食店の割り箸は「中国産」そして危険


中国産割り箸は高濃度の防カビ剤OPPが付着しており、ガンの誘発物質である「多環芳香炭化水素」の工業用パラフィンを使用している割り箸業者もある

http://matome.naver.jp/odai/2136596382052591701


まず、私たち民衆として身を守るためには、「基本的に外食で割り箸を使わない」というのが最も良い対応方法である。
※細菌とは違い、薬品は体内でやっつけるとか、そういうものではない。


つまり、「マイ箸」を持ち歩くという考え方。国産の割り箸を使ったりとお客さんの健康を考えている「上潮」のようなお店が増えれば良いのだが、経験上、飲食店のオーナーで人間力の高い人の割合は他の業種より少なく、割り箸一つとっても意識に差がわかれる


今回の記事を書いた動機

上潮さんがブログでお店では吉野割り箸を使っていることを書いた。


これを読んで、もっと国産割り箸を使うお店が増えると良いと思ったのと、それをホームページやブログでアピールすべきであると思った。


なぜなら、日本人がやっと中国産の食材を毛嫌いしはじめたから、ちゃんとアピールすることで他店との差になる。


そうなれば割り箸一本の仕入れコストが上がっても、充分もとがとれると、賢い飲食店オーナーなら思うだろう。


「安物買いの銭失い」


とはよく言ったもので、割り箸一つにしても上潮さんのように、しっかりと心を持った経営をしていれば、創業40年という中洲では数少ない老舗となる理由の一つでもある。


日本中の飲食店オーナーは上潮さんの考え方を見習ってほしい。


中国産を買うと言う事は将来のお店の安全を脅かす

中国産の食材を使っている事がバレたら、客足が遠のき、お店の売り上げは下がる。

今は、多少値段が上がっても安心できるものを食べたいお客さんが増えており、国産の食材に切り替えて、少し値段が上がったとしても、しっかりとホームページなどで国産をアピールすれば、長期的には売上は増え、お店が長持ちする。

それだけではなく、そもそも中国にお金が流れたら、その金でかの国は軍事強化をする。ミサイルを作り、日本に照準を合わせている核ミサイルをさらに増やす。

資本主義同士では戦争は起きないのだが、共産国である中国は今でも日本の領土を狙っている、というか毎日侵略行動をおこしており、日本が負けた場合は、ウイグル族のように民族浄化をされるわけだ。

この辺は、少し勉強すると理解できるかもしれないが、初見でこの話を聞いたら、引くだろうね。信じられないと。

まあ、とにかく、健康問題だけでなく、中国にお金を払うと言う事は、日本やあなたにたいしてブーメランとして返ってくるこを知っておくとよい。

国産の商品や製品を作ったり、提供しているお店を少しでも応援したく、いなだ事務所では、チーム MADE IN JAPAN Projectという、ネットワークを作り、お互いがお客さんを紹介できたり、お客さんから日本産を使っていると選びやすいようにするサイトを、ボランティアとして構築する。

同じカテゴリ内の記事  コラム  

スポンサーリンク

 
インターネットを活用した集客手法の構築をお手伝いします。

集客支援成功への矢印ブログを活用したWEB集客支援プログラムはこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ